英語観光学科

履修モデル

英語力と観光知識を身につけながら確かな成長を遂げます。(「おすすめ科目」に必修科目は含みません。)

一般ビジネス系

外資系企業、海外進出に積極的な日本企業、秘書、事務職 など

外資系企業では社内共通語が英語というケースもあります。また日本企業においても英語力を生かし、海外勤務や海外との折衝の多い部門で能力を発揮できます。

おすすめ科目
  • Reading 501・601
  • Writing 502・602
  • Pronunciation 504・604・704
  • Oral Communication 700・800
  • Business English
  • TOEIC® / TOFEL® 1・2
  • English and American Culture
  • 異文化理解
  • 翻訳・通訳論入門
  • ビジネス中国語
  • 企業研究 ほか

国際観光系

キャビンアテンダント、航空業界グランドスタッフ、ホテル、旅行ガイド、海外添乗員 など

海外からのお客様や海外へ仕事や旅行に行かれるお客様をご案内する仕事です。英語力とコミュニケーション力で、日本と世界の橋渡し役として活躍できます。

おすすめ科目
  • 国際観光交流論
  • 観光英検3級・2級・1級
  • 観光英語 I・II
  • 異文化理解
  • 観光と世界遺産
  • 航空ツーリズム論
  • 比較文化論
  • Business English
  • English for Tourism
  • ハワイ文化研究
  • 観光ビジネス実務論
  • WEBトラベル・プレゼンテーション ほか

国内観光系

ホテル、旅行業界、ブライダル、レジャー産業 など

お客様の要望をくみ取って喜んでいただけるプラン作りをするなど、培ったホスピタリティの能力をホテル・ブライダル・旅行業界で発揮できます。

おすすめ科目
  • 観光概論
  • ホスピタリティ精神論
  • 観光ビジネス実務論
  • 観光事業総論
  • 環境ツーリズム論
  • 観光マーケティング論
  • 宿泊事業論
  • ホスピタリティ・マネージメント
  • 手話コミュニケーション I・II

中高教職系

中学校・高等学校教諭、英語講師、大学院進学 など

中高英語教職課程を履修し、教員免許を取得すれば、中学校・高等学校の英語教諭として教壇に立てます。留学経験があれば、生徒に海外での経験を伝えられます。

おすすめ科目
  • 英語科教育法 I~IV
  • 教育心理学
  • 異文化理解
  • 英米文学入門
  • 英語学概論
  • Pronunciation 504・604・704
  • Oral Communication 500・600・700
  • Reading 501・601
  • Writing 502・602
  • English and American Entertainment ほか

キッズ・イングリッシュ系

子ども向け英語教室、児童英語講師 など

最近では英語に早い時期から親しむために子ども向け英語教育が活発です。神戸海星での経験を生かして、幼児や小学生向けの英語講師として活躍できます。

おすすめ科目
  • キッズ・イングリッシュ I~III
  • 児童英語教育概論
  • 発達心理学(PC)
  • 教育心理学
  • ことばの発達・学習
  • 児童文学
  • 学習・発達論(PC)
  • 外国語教授法
  • Oral Communication 500・600
  • Pronunciation 504

+アルファの資格がほしい!

心理こども学科の科目を履修して小学校教員や認定心理士の資格を取得すれば、人の相談に応じられる頼れる人材として能力を発揮できます。

  • 認定心理士
  • 小学校教諭