学長メッセージ

2017年4月に学長に就任いたしました。
神戸海星女子学院大学は私の母校です。母校の発展のために全力を尽くしたいと思います。

「人を支え、輝く」女性を育てるために…。

創立以来、半世紀にわたってキリスト教精神に基づく女子教育の伝統を築き上げてきた神戸海星女子学院大学。神戸・山の手の閑静な環境と、小規模大学の特性を生かした教育は社会から高い評価をいただき、実就職率 92.5%、近畿圏の女子大学で2年連続第1位という高い就職実績をあげることができました。

この実績に現れているように、私たち教職員は「学生一人ひとりと向き合い、寄り添う」ことを大切に、細やかに、時には厳しく、教育にあたっています。

私たちの大学で、みなさんが生涯の友や師と出会い、小さな大学だからこその交流の中で成長していかれることを、心から願っています。

学生一人ひとりと向きあう。

神戸海星女子学院大学の一番の特長は、教職員がいつも学生のことを一番に考え、一人ひとりを大切に思い、温かく、時には学生の成長を願って、あえて厳しく指導することです。私も神戸海星女子学院大学文学部英文学科の卒業生ですが、学生時代に、先生方にそのような指導をしていただき、ベストを尽くすことの大切さ、そしてベストを尽くしてこそ、はじめて味わえる達成感や勉強の楽しさを知りました。これは私にとって大きな財産です。

卒業後に就職した一般企業でも、卒業から10年以上経って進学したアメリカの大学院でもベストを尽くすことができたのは、神戸海星の厳しくも真心のこもった指導をしてくださった先生方や、いつも温かく見守り、接してくださった職員の方々のおかげだと思い、心から感謝しています。

神戸海星女子学院大学という温かいコミュニティー(共同体)で、自分自身がかけがえのない存在として愛されていることを実感し、まだ出会っていない自分自身の才能と出会い、育んでいってほしいと思います。

2017年4月1日
神戸海星女子学院大学 学長 小野 礼子

関連ページ