2020年9月1日

学生の皆様へ

学長メッセージ:秋学期の授業について

猛暑が続く毎日ですが、学生の皆様はいかがお過ごしでしょうか。新型コロナウイルスの感染拡大防止に細心の注意を払いながら実習に励んだり、家で卒業研究や資格等の勉強に取り組んだり、春学期の疲れをいやすためにリラックスしたりするなど、様々な過ごし方をされていることと思います。先月18日に「学長メッセージ:夏休み期間中に私たちが守るべきこと」というメッセージをお届けしましたが、今月も引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、私たちが守るべきことをみんなで守りながら過ごしましょう。

さて、9月1日になりましたので、秋学期の授業についての大学の方針をお知らせいたします。秋学期は、一部の授業(1クラスの人数が多い授業等)を除き、原則的に対面授業を行うことといたします。(詳細は、教務課からの「秋学期『対面授業』の実施等について」をご覧ください。)現在大学では、兵庫県等の新型コロナウイルスの感染状況に注意を払いながら、学生の皆様の健康と安全のための感染拡大防止策を十分に行うべく秋学期の準備を進めています。学生の皆様におかれましても自分自身の健康に気をつけ、体調管理を習慣的に行うように心がけて、秋学期からの通学に備えてくださればと思います。ただし、基礎疾患があるなど健康上の理由やその他のやむを得ない理由によって登校ができない方は、オンラインによる遠隔授業を受けられるようにいたしますので、躊躇せずにお知らせください。

それから、今後の兵庫県等の感染拡大状況によっては、秋学期の授業を、オンライン授業を中心としたものに変更せざるを得ない場合があるかもしれませんし、秋学期の途中に対面授業からオンライン授業に切り替える場合もあるかもしれないことをお伝えしておきます。

秋学期に皆様とお会いできることを楽しみにしています。それまで、皆様一人ひとりが健康に恵まれ、充実した夏休みを過ごされることを心からお祈りしています。

学長 小野 礼子