よくあるご質問

大学全般について

Q1 大学周辺はどのようなところですか。

神戸の中心にある三ノ宮から大学まで、どのルート(JR、阪神、阪急、市営地下鉄、市バス)でも約20分です。
(新幹線「新神戸」駅から市バスで約10分です。岡山駅から海星まで約60分ですので、岡山から通学することもできます。)
周辺はパンダや桜並木で有名な王子動物園、王子スタジアム、王子プール、兵庫県立美術館王子分館(原田の森ギャラリー)、神戸文学館のすぐ北側にあります。JR灘駅や阪急王子公園駅からこれらの文教施設を眺めながらお越しください。オープンキャンパス等の帰りにでも立ち寄られてはいかがでしょうか。

Q2 自宅から海星までの行き方がわかりません。

本学ホームページの交通アクセスのページをご覧ください 。 またはご遠慮なく アドミッションセンターまでお電話 (078-801-4117)ください。 海星に行きやすい(通学しやすい)ルートをいっしょに探しましょう。メール(nyuushi@kaisei.ac.jp)でのお問い合わせも大歓迎です。

Q3 オープンキャンパスは家族で行ってもいいですか。

ぜひご家族のみなさんとごいっしょにオープンキャンパスにお越しください。
保護者の方はもちろん、ご兄弟姉妹、ご親戚の方も大歓迎です。もちろん、お友だちもいっしょにどうぞ。また、ひとりで来られてもご安心ください。学生スタッフが心を込めてご来場の方一人ひとりを案内します。

Q4 ちょっと大学に寄っていいですか。

オープンキャンパス以外の日のご来学も大歓迎です。
休日の場合もありますので、念のためアドミッションセンターまでお電話(078-801-4117)ください。
祝日を除く毎週土曜日は進学相談会を行っています。(学内見学もできます。)
開催日程が変更される場合がありますので、詳細はお電話をくださるか、ホームページをご確認ください。

学びについて

Q5 海星では何を学べますか。

「英語」「観光」「心理」「子ども」を学び、実践力と豊かな教養をバランスよく習得!
本学の「現代人間学部」は、英語観光学科(観光・英語)心理こども学科(保・幼・小)の2学科で編成。一人ひとりを大切に育てる教育環境で、人と人、自分と世界をつなぐ“ちから”を養います。

Q6 英語観光学科では何を学べますか。

英語観光学科で学ぶのは、英語によるコミュニケーションと観光に関する専門知識、そして何よりも日本の観光産業の特色である「おもてなしの心」です。

Q7 心理こども学科では何を学べますか。

心理こども学科では、現代社会に生きる子どもと、子どもをとりまく大人たちも含めて、その悩みや心の問題を理解し、寄りそいながら働いていける教育者・保育者の育成を目指しています。

Q8 英語観光学科では、どのような免許状や資格が取得できますか。

英語観光学科では、中学校教諭一種(英語)、高等学校教諭一種(英語)、小学校英語指導者養成のための海星キッズイングリッシュ、小学校英語指導者(J-SHINE認定)、旅程管理主任者、観光英語検定、観光ビジネス実務士、世界遺産検定、情報処理士、実践キャリア実務士などが取得できます。
詳細は英語観光学科のページをご覧ください。

Q9 心理こども学科では、どのような免許状や資格が取得できますか。

心理こども学科では、保育士、幼稚園教諭一種、小学校教諭一種、認定心理士、小学校英語指導者養成のための海星キッズイングリッシュ、小学校英語指導者(J-SHINE認定)、情報処理士、実践キャリア実務士などが取得できます。
​詳細は心理こども学科(保・幼・小)のページをご覧ください。

出願について

Q10 願書の書き方がわかりません。

アドミッションセンターまでお電話(078-801-4117)くださるか、あるいは、「入学志願者募集要項」をご覧ください。メール(nyuushi@kaisei.ac.jp)でのお問い合わせも大歓迎です。

Q11 検定料の振込方法がわかりません。

アドミッションセンターまでお電話(078-801-4117)くださるか、あるいは、「入学志願者募集要項」をご覧ください。メール(nyuushi@kaisei.ac.jp)でのお問い合わせも大歓迎です。

Q12 検定料の優遇処置はありますか。

併願で2回目以降の出願に関して、検定料を別に設定(割引)しています。アドミッションセンターまでお電話(078-801-4117)くださるか、「入学志願者募集要項」をご覧ください。メール(nyuushi@kaisei.ac.jp)でのお問い合わせも大歓迎です。

Q13 受験票が届きません(紛失してしまいました)。

アドミッションセンターまでお電話(078-801-4117)ください。もし、連絡がつかない場合には、入試当日、受付にてお声掛けください。

受験について

Q14 試験に遅刻しそうです。

詳しくは「入学志願者募集要項」に記載していますが、まずはアドミッションセンターまでお電話(078-801-4117)ください。

Q15 面接が不安です。

入試種別にもよりますが、実際の面接では専任教員2名による10分間程度の個人面接を行ないます。高校での活動や海星を志望した動機、入学後どんな勉強をしたいか等を尋ねます。よろしければオープンキャンパス等にお越しください。面接に対する気持ちが少し楽になるかもしれません。

入学手続きについて

Q16 入学手続きの方法がわかりません。

アドミッションセンターまでお電話(078-801-4117)くださるか、「入学志願者募集要項」をご覧ください。

Q17 英検2級の資格を持っていれば、「授業料が免除される」って本当ですか。

英検2級以上取得者には、入学年次(1年次)の「授業料」を免除します。詳細はお問い合わせください。
※2018(平成30)年度からは現行の資格を4技能に変更します。
また、公募推薦A・BIでは、基礎学力試験が免除されます。他にも資格特典があります。アドミッションセンターまでお電話(078-801-4117)くださるか、「入学志願者募集要項」をご覧ください。

Q18 母が海星の卒業生なんです。

特別推薦、公募推薦A(専願)、公募推薦B(専願)試験で入学された同窓生子女(同窓生の3親等内)には、入学金を入学後返還します。

Q19 カトリック系高校の在学生です。

指定校推薦、公募推薦A(専願)、公募推薦B(専願)試験で入学されたカトリック系高校出身者には、入学金を入学後に返還します。

Q20 転居しました。

受験番号(出願後以降の場合のみ)、氏名、高等学校等とともに、転居先のご住所、お電話番号等を郵便、メール(nyuushi@kaisei.ac.jp)、FAX(078-801-3553)等でアドミッションセンターまでご連絡ください。

学生生活

Q21 授業料免除制度は、新入生だけですか。

2年次生からは、2学科ともに独自の基準を設け、申請することにより審査を経て授業料の免除を受けることが出来ます。
また、その他、奨学金制度も用意しています。詳細についてはアドミッションセンターまでお電話(078-801-4117)くださるか、授業料免除制度のページをご覧ください。

Q22 留学手続きって、むずかしそうですね。

ご安心ください。留学手続きは教職員といっしょに準備をします。アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダの4カ国6大学への短・中・長期留学制度を完備し、全員が留学できるよう授業・学費の両面からサポートします。
授業のサポートとして1 年次の「オーラルコミュニケーション」で、英語圏の大学での勉強の仕方や留学の準備について学びます。また、2年次春学期の「日本文化」では、日本や日本文化を英語で紹介できるよう徹底的に訓練します。経済面のサポートとして、英語観光学科(英語キャリア学科)の留学希望者全員に、奨学金または支援金を支給します。

Q23 海星の学生の様子を知りたいのですが…。

本学学生の雰囲気を少しでも感じ取っていただけるよう、大学案内に加え、ホームページツイッターFacebook@LINEブログで学生生活の様子を紹介しています。(海星ホームページのトップにはツイッターなどのバナーを設置しています。よろしければ、「いいね」や「拍手」ボタンを押してください)
また、オープンキャンパスでは、クラブ紹介や学生とのフリートークの機会もありますので、海星の在学生と直接話をしてみられてはいかがでしょうか。

こちらに載っていないご質問等がありましたら、アドミッションセンターまでお電話(078-801-4117)、E-mail(nyuushi@kaisei.ac.jp)にて、お気軽にご相談ください。