「夏の季節の絵本」を展示しています。

図書館では、実習での利用に役立ち、学修のきっかけとなるよう、季節に合わせた絵本を展示しています。
今回は、暑い夏ならではの遊び、夏の植物、食べ物、自然等が描かれていて読み聞かせをするのに役立ったり、子どもの気持ちを想像しながら楽しめたりする絵本を展示しています。
ぜひご利用ください。

『こぐまちゃんのみずあそび』
お花に水をあげるお手伝いをしていたこぐまちゃん、じょうろに水がいっぱいですね。
さてさて、何が始まるのかな。
「いたずら」がどんどん広がっていく様子が楽しく表現されている絵本です。

『あさがお』
みなさんは、小学生の時に、種から「あさがお」を育てた経験はありませんか。
「あさがお」が種から芽を出し、つるを伸ばして色々な花を咲かせ、
また種になるまでが丁寧に描かれています。
「あさがお」の生命力に、思わず見入ってしまう絵本です。

『コロちゃんのかいすいよく』
コロちゃんが、お父さんお母さんと一緒に海水浴に出かけて
夏の海で楽しい一日を過ごします。
コロちゃんがあちこちで起こすちょっとしたハプニングがいっぱい。
子どもと一緒に「しかけ」を動かしながら楽しめる絵本です。

『ねないこだれだ』
ユーモラスなお化けの絵が描かれた表紙、ページを開けると
「とけいが なります ボン ボン ボン……」
ワクワクするような、ちょっぴり怖いようなお話が始まります。
子どもたちの反応を見ながら抑揚をつけたり、楽しそうに読んだり、
工夫して読んであげましょう。
怖がっていた子どもも、にっこりとするような絵本です。

「夏の季節の絵本」リスト
展示期間:7月9日(金)~8月31日(火)