【進学相談会 10:00~16:00】

宮副 紀子 教授

幼い頃に、たとえば、レオ・レオーニの『フレデリック』やサン=テグジュペリの『星の王子様』などの子ども向けの絵本や文学を読んで、強く心を動かされた人がおられると思います。すぐれた絵本や児童文学は、とても易しい言葉で書かれていますが、その中には大切なメッセージが籠められています。さらに、それらを原書で読むと、新たな発見や解釈と感動を得ることができます。

文学には、難解な表現や文体や複雑な構成を有する本もあれば、上記のような読みやすい本など様々な書物がありますが、人々に深い感動を与えてくれる名著なら、易しくても難しくても、そこには大いなる言葉の力が息づいています。

まずは、読みやすい英文学の言葉の力を感じ、楽しむことから始めてみませんか?英語力は重要なスキルではありますが、そのレベルにかかわらず、書物に親しみ、言葉を愛おしみ、そこに深い心情や知識を吹き込むことができるなら、楽しみながら、英語力にとどまらない深い学びを得ることができるでしょう。

専門 英文学、英米児童文学、英語科教育法
著書 『英語圏文学諸国の児童文学Ⅰ 物語ジャンルと歴史 改定版』(共著)(ミネルヴァ書房)
『ジェイン・オースティン一家族の記録』(共著)(彩流社)など
論文 「親子関係からみた『嵐が丘』の一考察」
「大学の1年間の英語授業に対する教師の振り返りに関する一考察一半期のみの多読中心授業の英語力向上に対する効果とEPER読解テストの有効性を調査する―」など

個別相談ですので、お気軽にお越しくださいね✨

次回の相談会は、 7/10  です。

学内の進学相談会 開催予定は、こちらです。

学外の進学相談会 開催予定は こちらです。

オープンキャンパス情報は、こちらです。