【進学相談会 10:00~16:00】

箕野 聡子 教授

― 日本の文化を満喫し、世界の文化にも視野を広げましょう。

留学から帰った学生が、出発前に勉強しておけばよかったと後悔した事柄として、第一にあげるものは何か、わかりますか。読み書きや会話といった語学の勉強以上に、文化を、中でも特に日本の文化を勉強しておくべきであったというのがその答えです。外国の方々と接するとき、コミュニケーションをとる方法がわかっていても、その内容が乏しければ、コミュニケーションを深めることはできないのです。

たとえば、観光とは、ただ視覚的に資源を披露することではありません。訪れる側と迎える側とが、それぞれの地域や人を理解し合うことなのです。観光が平和のための産業として注目される理由はここにあります。理解があってこそ、人と人とは本当の意味でコミュニケーションをとることができるのですから。

英語観光学科では、文化理解を重視する授業を、数多く用意しています。私が担当する「日本文化論」では、落語・文楽・歌舞伎・能楽などの芸能を通して、日本の伝統文化を学びます。これらの授業を通して、まずは、日本の文化を充分に楽しんでください。自らが楽しまなければ、その良さを伝えることはできません。その楽しさを満喫した上で、次は世界の文化にも視野を拡げていきましょう。

 

専門 近現代文学
関西文化に育まれた文学作品の研究
著書 『横光利一と関西文化圏』(共著)(松籟社)
『太宰治研究21』(共著)(和泉書院) ほか
論文 「菊池寛、戯曲『坂田藤十郎の恋』考」
「小川洋子『ミーナの行進』考 ――死と孤独と安住できる場所」
「神戸の香り~宮本輝と阪神間モダニズム~」 など

個別相談ですので、お気軽にお越しくださいね🎄

次回の相談会は、 12/5 です。

学内の進学相談会 開催予定は、こちらです。

学外の進学相談会 開催予定は こちらです。

オープンキャンパス情報は、こちらです。